歯が抜けてしまった インプラント

Dental Implant

インプラント治療とは

インプラント治療とは

歯周病や事故による歯根破折などにより歯を失った場合、入れ歯やブリッジといった治療方法のほかにインプラント治療も選択肢に挙げられます。
インプラント治療は、歯を失ったところの顎骨にインプラントと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、この上に人工歯を取り付けるというものです。入れ歯は強く噛むことができず、またブリッジはほかの天然歯を固定源にするため負担が大きいといったデメリットがありますが、インプラントはこうした問題点をクリアする、天然歯に近い構造をもった人工歯だといえます。
では、なぜインプラント治療は強く噛むことができるのでしょうか。インプラントはチタンという金属でできています。チタンは人体との親和性が高いため、顎骨に埋め込んだ後に一定期間を置くことで骨と結合します。これにより、食事の際にしっかり噛むことができ、おしゃべりの際も問題なく発音ができるようになります。
また、インプラント治療で使用する人工歯は見た目も美しく仕上がります。人工歯に使用するのはセラミックと呼ばれる陶器と同じ素材です。天然歯のように透明感を備えた白さを有しているので、ほかの歯と近い色合いに調整できます。ほかの人からは義歯を入れていることがすぐにわからず、外出の際も口元を気にすることがありません。

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療は機能性・審美性の両面でたいへん優れた治療方法です。しかし、自費診療になるなどデメリットもいくつかあります。インプラント治療をご希望の場合も、こうしたことを把握したうえでご検討いただきたいと思います。また、こちらからインプラント治療をむやみにおすすめすることもありません。 患者様の症状、生活習慣、ご予算などを伺ったうえで治療方法を提案していますので、カウンセリングでご希望やお悩みについてお話ください。

インプラント治療のメリット
  • 天然歯と同じ構造なので食事の際もしっかり噛める
  • セラミックの人工歯を取り付けることで、ほかの天然歯と遜色ない美しさを再現できる
  • ブリッジや入れ歯では顎の骨が痩せてしまうが、顎骨を使って咀しゃくできるインプラント治療は骨量が減らない
インプラント治療のデメリット
  • 顎骨に穴を空けるための外科手術を行なう
  • 顎骨の量や高さなどが充分でない、また糖尿病などの全身疾患をおもちの場合は、治療の対象にならないことがある
  • 自費診療のため費用が高くなる

インプラント治療の方法

インプラント治療は「1回法」と「2回法」に大きく分かれます。これは、治療の中で外科的治療(歯肉の切開)を行なう回数を表しています。使用するインプラントや、患者様の症状やご希望などを考慮しどちらかの方法を選びます。

1回法

1回法

歯肉の切開が伴う外科的治療は、インプラントを顎骨に埋め込む際の1度だけになります。このとき、インプラントの頭部を歯肉から出したままにし、顎骨とインプラントを結合させるための治癒期間に入ります。顎骨とインプラントが結合した後は、露出しているインプラント頭部に人工歯を付けるだけとなります。
歯肉を切開する処置が1度だけのため、患者様の負担を抑えることができます。また、治療に必要な期間も短く、低価格になります。一方、インプラント頭部を露出する期間があるため、感染の可能性があります。

2回法

2回法

インプラントを顎骨に埋め込んだ後、歯肉で覆ってから縫合します。これが、1回法との大きな違いです。顎骨とインプラントが結合した後、覆ってあった歯肉を再び切り開いてインプラントの頭部を露出させ、人工歯を取り付けます。そのため、歯肉を切り開く外科的治療が2度発生することになります。
治療期間が長くなり、費用も高くなりますが、治癒期間中にインプラントを出さないため、感染の心配がありません。より安全な治療方法だといえるでしょう。

インプラント治療の流れ

  1. 1

    カウンセリング

    カウンセリング

    患者様からご希望やお悩みを伺い、治療方法についてこちらから説明をします。
    まず、患者様の症状を拝見した後、健康状態について質問します。そのうえでいくつかの治療方法について、その治療内容、治療期間や費用などの概要をお話させていただきます。
    カウンセリングの段階では、治療を受けるかどうかを決める必要はありません。患者様が納得したうえで治療を受けられることが最も大切なので、じっくりご検討ください。

  2. 2

    検査、診断、治療計画

    検査、診断、治療計画

    インプラント治療に適応するか確認するための検査を行ないます。レントゲンやCT撮影をはじめ、歯周病のチェック、噛み合わせや顎骨の量、高さなどから総合的に診断します。インプラント治療が適応すると判断されたら、治療方法について検討します。 虫歯や歯周病がある場合は、その治療を含めて治療計画を立案します。これは、インプラント治療の前に虫歯や歯周病を改善する必要があるためです。

  3. 3

    1次手術(インプラント埋入手術)

    1次手術(インプラント埋入手術)

    歯肉を切開し、顎骨に穴を空けてインプラントを埋め込みます。
    1回法の場合、インプラントの頭部を歯肉から出したままにします。2回法の場合、インプラントの上に歯肉を被せて縫合し、1次手術は終了となります。

  4. 4

    治癒期間

    治癒期間

    埋め込んだインプラントと顎骨が結合するのを待つための期間です。期間の長さは、インプラントの本数や部位によって変動がありますが、およそ2~6ヵ月です。治癒期間は必要に応じて仮歯を装着していただきます。

  5. 5

    2次手術(歯肉切開手術)

    2次手術(歯肉切開手術)

    2回法で必要な工程です。顎骨とインプラントが結合した後、再び歯肉を切開してインプラントの頭部を出します。そこにアバットメントと呼ばれるインプラントと人工歯を接続するための部品を取り付けます。

  6. 6

    人工歯の作製・装着

    人工歯の作製・装着

    人工歯を作製するため、周囲の天然歯に馴染むような色や形を決め、微調整していきます。仮歯を付けて見た目が自然でフィットするか確認し、人工歯を取り付けます。

  7. 7

    メンテナンス

    メンテナンス

    インプラントによって取り付けられた人工歯は、基本的に毎日の歯磨きでケアをしていきます。しかし、インプラントは歯周病と同じように、周囲組織が炎症を起こすと抜け落ちてしまう可能性があります。そのため、3~6ヵ月ごとに定期検診を行なっています。定期検診ではインプラントに問題がないかチェックするほか、クリーニングをして口内環境をきれいな状態にしていきます。
    メンテナンスを続けることで、インプラントの寿命が長持ちします。日頃からインプラントの状態に気をつけていただき、定期検診にも欠かさず来ていただきたいと思います。

All-on-4(6)

All-on-4(6)

すべての歯、またはたくさんの歯を失った場合の治療方法です。従来のインプラント治療は1本の人工歯につき1つのインプラントで対応していますが、これでは喪失した歯の本数が多い患者様の場合、インプラントを埋め込む数が多くなるので負担が大きく、治療にかかる時間や費用も多く必要になりました。「All-on-4(6)」は、連結した人工歯を4本または6本のインプラントで支えるという方法で、喪失した歯より少ない数のインプラントで治療できます。必要なインプラントの本数が少なくなるため、手術の負担が小さく、治療期間や費用を抑えることができます。

「All-on-4(6)」は、奥歯にあたる部分にインプラントを斜めに埋め込むことで、歯列へ均等に力がかかるようにしています。これにより、十数本の人工歯を支えることができます。また、手術当日から仮歯を入れるので、すぐに食事をとることができます。
ただ、すべての方に適応できる治療方法ではありません。口内の状態によっては適さないことがあるので、カウンセリングや検査のうえで治療が可能かどうかお伝えします。

骨造成手術

インプラント治療は機能性、審美性の両方において優れたものですが、顎骨の高さ、幅、量などが充分でなければインプラントを埋め込むことができません。
インプラント治療を受けられる方の間口を広げるため、当院では顎骨の量を増やす「骨造成手術」を実施しています。顎骨の量が少なくインプラント治療を受けられなかった方も、この骨造成手術によって治療を受けられるようになりました。 骨造成手術にはいくつかの方法があり、顎骨の状態などによってより適した方法を選択します。

上顎洞底挙上術

上顎の奥歯の上には、空洞が広がっています。これを上顎洞といい、サイナスとも呼ばれる上顎洞底粘膜で覆われています。上顎の骨は下顎の骨より軟らかいこともあり、上顎の骨量はすぐに減ってしまう傾向にあります。ここに充分な骨量がないままインプラントを埋め込んだ場合、インプラントが上顎洞底粘膜を突き抜けて上顎洞へ達することが考えられるので、骨量については慎重にならざるを得ません。この上顎の骨量を増やすのが、上顎洞底挙上術です。
上顎洞底挙上術は、上顎洞の底の方へ骨を移植する治療です。移植する方法により「サイナスリフト」と「ソケットリフト」の2種類に分けられます。

サイナスリフト

サイナスリフト

上顎洞の横を覗けるように歯肉の側面を切開し、上顎洞底粘膜をはがして押し上げます。そこに自家骨や人工骨を入れて新しい骨を作る治療です。新しい骨が作られたのを確認してからインプラントを埋め込みます。
骨が安定するまで3~6ヵ月待つので、そのぶん治療期間が長くなります。また、歯肉を切開する外科的な治療が必要となりますが、充分な量の骨を作るのに適しています。
骨の厚みが5mm以下の場合でも、サイナスリフトであれば有効であるとされています。骨量が非常に少ないという方もインプラントを受けられるまでに骨を増量できるかもしれませんので、ご相談ください。

ソケットリフト

ソケットリフト

歯の抜けた部分から自家骨や人工骨を入れ、上顎洞底粘膜を押し上げる治療です。このときにインプラントを埋め込み、骨と結合させます。結合までにおよそ4ヵ月かかります。
インプラント治療の過程で骨を増量させるので、治療期間が短くなります。また、歯肉を新たに切開する必要がありません。一方、増やせる骨量が少ないため、骨の厚みが5mm以上あるときに行なわれる治療となります。

GBR法

GBR法

骨の再生を促して骨量を増やしていく治療です。骨再生誘導法とも呼ばれています。
インプラントの周りなどの骨を増やしたい部分に自家骨や人工骨を入れます。それをメンブレンと呼ばれる人工膜で覆い、ピンで留めます。4~6ヵ月ほどすると骨が再生されていきます。
もともとの骨量があればGBR法の過程でインプラントを埋め込むことができます。骨量が極端に少ない場合は、骨が再生するまで待った後にインプラントを埋め込みます。