歯並びが気になる 矯正歯科

Orthodontics

矯正歯科とは

矯正歯科とは

矯正歯科は、歯並びをきれいにするための治療です。
歯の並び方は人それぞれ異なります。歯間に隙間があるすきっ歯、前方に突出している出っ歯、下顎の歯が上顎の歯より前に出ている受け口、重なるようにして生える八重歯など、あらゆる不正咬合に悩む方が多くいらっしゃいます。
こうした症状は見た目の問題だけでなく、健康そのものにも影響します。歯並びに問題があると噛み合わせも悪くなり、虫歯や歯周病のリスク上昇、さらには肩こりや頭痛、顎関節症といった症状も引き起こします。そのため、噛み合わせの改善は全身の健康にもつながると考えられます。
矯正歯科では、歯を移動させるための装置を使用します。矯正装置というと銀色で目立つものだというイメージがあるかと思いますが、近年は透明で目立たない装置や、装置そのものを見えにくく工夫した治療もあります。患者様の生活習慣やご希望などをカウンセリングで伺い、より適した矯正方法を提案します。

矯正治療の種類

成人矯正

成人矯正

矯正治療には、基本的に年齢制限はありません。口内の状態に問題がないと判断されれば、お子様はもちろん高齢の方でも受けることができます。
これまではお子様が受けるものだとイメージされてきた矯正治療ですが、近年は大人が矯正治療を希望されるケースも多くなっています。社会に出るとお仕事やプライベートなど口元の見た目を気にされる場面があり、歯並びをきれいにしたいという声を聞きます。成人矯正は歯列を整えることはもちろん、噛み合わせも改善されるので肩こりや頭痛といった症状が緩和されることもあります。
矯正治療を希望するものの、仕事の都合もあり、矯正装置が目立つのが気になるというお悩みもいただきます。当院では歯の裏側に装置を付けて見えないようにする裏側矯正や、透明の装置を付けて目立たないようにするマウスピース矯正などの方法もご用意しています。

小児矯正

小児矯正

お子様が矯正治療を受けることには、いくつかのメリットがあります。お子様は成長期にあるため、顎骨をコントロールして動かすことができます。フェイスラインを整えることで歯を移動させるための土台を作り、永久歯が正しい位置に生えるよう誘導することができます。矯正治療は早い段階から始めることで、理想的な形で進めることができるといえます。
お子様は虫歯になりやすい傾向にありますが、歯並びを整えることで歯磨きがしやすくなるので虫歯の予防効果が高まります。また、発音もはっきりできるようになるなど、さまざまな点で改善が見られるようになります。大人になってから矯正治療を必要とする可能性を大きく下げることにもなるので、お子様の歯という大きな財産を守ることになるでしょう。

矯正装置の種類

ブラケット矯正

ブラケット矯正

歯に取り付けた金属製のブラケットにワイヤーを通し、歯を動かしていく治療です。一般的な矯正治療で、多くの症例に適応する治療方法です。しっかりと固定した状態で調整するので治療期間が短くなり、費用を抑えることもできます。
歯の表側に装置を付けるため目立つという問題がありますが、金属の代わりに透明なものや白いものを使った装置を使い、目立たなくする方法もあります。

裏側矯正

裏側矯正

従来のブラケット矯正は歯の表側に装置を付けていましたが、裏側矯正は歯の裏側に装置を付ける方法です。ほかの人から装置が見えにくいので、矯正治療中であることがほとんどわかりません。
以前の裏側矯正は舌が当たりやすく、食事や会話に支障が出るといわれてきました。しかし、現在は装置が小さくなったためそうした問題も軽減されています。
表側矯正に比べると高額になりますが、治療中の審美性が気になる方にはおすすめできる治療方法です。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

歯の動きをシミュレーションし、複数枚のマウスピースを作製。マウスピースを交換しながら段階的に歯を動かしていく治療方法です。
マウスピースはご自身の手で取り外しが可能なので、食事や歯磨きを普段どおり行なうことができます。そのため、虫歯になるリスクを下げることができます。また、マウスピースは透明なプラスチックで作られているので外で着用しても目立ちません。金属アレルギーの方にも安心して付けていただけます。
一方で、マウスピースは長時間の着用を必要とするため、ご自身での管理が大切になります。また、矯正期間も長くなる傾向にあります。歯並びの状態などによってはマウスピース矯正ができない場合がありますので、検査、診断結果より適応できるかお伝えします。

インプラント矯正

矯正治療用に特化した、通常のものより小さなインプラントを埋め込みます。これを固定源にして動かしたい歯にバネを取り付け、移動させていく治療方法です。
インプラント矯正のメリットは、固定源がしっかりしていることと、動かしたくない歯を動かすことなく患部だけに働きかけることが可能な点です。これまでは抜歯しなければ難しかった矯正や、難度が高いとされた奥歯のみの移動も治療できるようになりました。ピンポイントの矯正となるので、治療期間も短くなります。

矯正治療の流れ

  1. 1

    カウンセリング

    カウンセリング

    患者様の口内を拝見したうえで、矯正治療の概要、治療期間や費用などについて説明します。お悩みや疑問についてもお答えしますので、どのようなことでもお話ください。
    カウンセリングの段階では治療を受けるかどうか決める必要はありません。ここでの説明をもとにご検討ください。

  2. 2

    検査、診断

    検査、診断

    必要な資料を集めるため、レントゲンや口内、顔写真の撮影をします。また、噛み合わせの検査や歯の型どりも行ない、歯並びの状態をより精密に調べていきます。

  3. 3

    検査結果・治療計画のご説明

    検査結果・治療計画のご説明

    検査結果や患者様のご希望を総合的に踏まえ、より適した治療計画を立てて治療内容や治療に必要な期間、費用などについて説明します。ご納得いただけましたら、治療を開始します。また、虫歯や歯周病などが確認された場合は、矯正治療に支障が出ないようこちらも改善していきます。

  4. 4

    治療開始

    治療開始

    矯正装置を付けて歯を動かしていきます。定期的に歯科医院でチェックを受け、歯並びや噛み合わせを見ながら装置を調整していきます。もし装置による痛みなどが発生しましたら、ご相談ください。

  5. 5

    保定・観察期間

    保定・観察期間

    歯並びが整い、噛み合わせの改善も確認できた時点で装置を外します。
    しかし、移動したばかりの歯はもとの位置に戻ろうとする習性があります。これを「後戻り」といいます。後戻りを防ぐため、矯正した後は歯を保定するための期間に入ります。保定装置を装着して歯がもとに戻らないようにし、2~3ヵ月ほど経過を観察します。後戻りがなくなったことを確認し、矯正治療は完了です。
    矯正治療が終わった後も、3~6ヵ月に1度メンテナンスのためにご来院ください。整えた歯並びと正しい噛み合わせが維持できているか検査します。健康になった口内を少しでも長く維持できるよう、ぜひ定期的に通院いただきたいと思います。